ミヨチャンのサプリメント健康計画

2008年01月31日

カロリーオーバーでは!

肥満の原因にはカロリーの摂りすぎがあげられます。

カロリーを気にしながら食事をしている方は少ないと思いますが、”毎日の食生活 レストラン”への心配りは大切です。

一日の食事の一例を見てみるとカロリー摂取の多さが分かります。

<朝食 晴れ

 ・パン1枚(6枚切)     約 60cal
   マーガリン(大さじ1)  " 100cal
 ・カフェオレ(1杯 喫茶店) " 80cal
   砂糖入り         " 35cal
 ・ヨーグルト(無糖100g)  " 60cal  計 約335cal

<昼食>

 ・みそラーメン(1杯)    約 570cal
   半ライス         " 120cal  計 約690cal

<おやつ>

 ・ドーナツ(中1個)     約 180cal
 ・ジュース(1杯)      " 80cal   計 約260cal

<夜食 夜

 ・ご飯(8分目)       約 220cal
 ・ハンバーグ(合挽き肉) 
  揚げ野菜少々      " 480cal
 ・ほうれん草のお浸し     ” 20cal
 ・味噌汁(1杯)
    野菜少々,豆腐      " 100cal
 ・ビール(中ジョッキ1 ビール) " 230cal 計 約1050cal
           
          一日のカロリー摂取量 合計 約2335cal

成人の方のエネルギー(カロリー)所要量が約1900cal(2004年からの推移)なのでオーバーしてしまいます。

カロリー多めの食生活を毎日続けていると肥満の原因になってしまいます。 

改善点

 ・朝  : マーガリンをマーマレード(大さじ1,低糖)などにする−約60cal
 
       カフェオレをコーヒー(ミルク,砂糖なし)にする。  −約115cal

 ・おやつ: ドーナツ(菓子類)を”りんご”(果物,半分)などにする−約120
        cal

        ジュースをお茶(無糖)にする。           −約80cal 

 ・夜  : ご飯を少なめにする。                  −約70cal

これで”カロリーが約445cal減少”することになります。

たまにはお酒も休みましょう。
  
又、エネルギー(カロリー)消費量を増やす為には、運動も大切です。

体脂肪率が男性では15〜20%、女性では20〜25%が正常値で、これを上まわると”肥満”とされます。


☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)

  ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)






posted by ミヨチャン at 13:03| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |   肥満の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

禁煙したい時に!

”タバコ 喫煙”が、日本に普及し始めたのは16世紀中頃のことで、鉄砲と共にポルトガル人により齎(もたら)されたのだそうです。

それから今日まで愛煙家の方にとっては、ストレス解消が出来る一番手軽な方法として愛され続けて来たようです。。

しかし百害あって一利なしなどと言われるように身体にとって利は無い!とされています。

”タバコ”は、活性酸素が大量発生する要因の一つに挙げられています。
   
       (カテゴリーsoon 活性酸素

タバコを一本吸うごとに、ビタミンCが25mg失われると言われています。

成人の方の一日の”ビタミンC所要量は100mg”とされています。

愛煙家の方はビタミンCの摂取量をより多くする必要があります。

最近は身体への悪影響から禁煙を望む方が増えていますが、なかなか止められないのも事実のようです。

禁煙 禁煙したくても止められないのは、

 ・生活習慣の中に組み込まれている為、

 ・喫煙は一種の”薬物依存症(ニコチン依存症)”であると考えられている
  ようです。

 ・その為止めようとするイライラしたり落ち着きが無くなったりして苦しく
  なってしまう。

  ・・・などの理由から”禁煙”したくても、途中で挫折してしまうのだそう
     です。

☆ 「ニコフリー」はそんな”禁煙時のイライラ予防!”に役立ちます。

 ・パッションフラワー: ハーブ、鎮静作用があるとされています。

 ・Lテアニン     : 緑茶のうまみ成分

              気分をリラックスさせる働きがあるとされています。

 ・イチョウ葉     : 血液の流れを良くする働きがあるとされています。

 ・イワベンケイ    : 肉体や精神の疲労回復に役立つとされています。

              これらが配合されています。

☆ ニュースキンの「ニコフリー」を”禁煙”の時にお役立て下さいね。

ベースサプリ「ライフパック」,「G3」も健康維持の為にお役立て下さい。

♪ リラックスするガム




禁煙時にリラックスガム  ニコフリー


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 10:37| 岩手 | Comment(2) | TrackBack(0) |   禁煙時に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

オリーブオイルで健康に!

食べ物に多く含まれている油脂(脂肪酸)ですが、種類も多く健康への働きも色々あります。

脂肪酸>には、次のようのものがあります。
 
 ・不飽和脂肪酸 : 植物、魚介類、などに多く含まれている。

   オレイン酸 : オリーブオイル、菜種油(キャノーラ油)

   リノール酸 : ひまわり油、綿実油、コーン油、マーガリン

   アラキドン酸: レバー、さざえ、アワビ

   αリノレン酸: しそ油、えごま油
          
   DHA    : 魚類、ブリ、ハマチ、サバ

   EPA    : 魚介類、サバ、マイワシ、サンマ

 ・不和脂肪酸  : 肉類、乳製品に多く含まれている。

           ラード、バター、牛脂身

このうちでもオリーブオイルは、

 ・熱に強く酸化されにくい

 ・悪玉コレステロール値を減少させる働きがある。

 ・血液の流れを良くする。

 ・ポリフェノールが豊富に含まれています。

    などの”良い働き”があるとされています。

    ・エキストラバージンオイルは、新鮮な果実から、科学処理を
      しないで採取したものなのでより優れています。

    (ピュアオイルは、バージンオイルと精製したオリーブオイルを
      ブレンドしたもの)

リゾート オリーブオイルしか使わない地中海沿岸の国では、心疾患や血液疾患が殆どないのだそうですよ!

又、”サラダ油やコーン油、マーガリンなど”は、酸化しやすいという弱点があるようです。

”魚”は免疫力を上げてくれますが、酸化しやすいので、干物より新鮮な青身の魚 たらーっ(汗)を食べた方が良いそうです。

★ 不飽和脂肪酸(ラード、バター、牛脂身など)は、中性脂肪やコレステロールを増やす作用があり、摂りすぎると”肥満の原因 どんっ(衝撃)”になります。

   (カテゴリーsoon 肥満の予防



↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 14:51| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) |   ポリフェノール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

冷え性を予防する

TV”カラダノキモチ”で「冷え性」についての放送がありました。

冷え性は男女問わずいらっしゃるみたいです。

冷え性の原因には

 ・自律神経の乱れなどから血液の流れが悪くなり起こる。

 ・クーラーなどで身体を冷やし過ぎる。

 ・貧血により起こる。

       などがあるようです。

冷え性を予防するには

 ・血行を良くする栄養成分を摂る。

 ・身体を温める。

   足湯が良いようです。
   
    温めた後、すぐ靴下を履かずを冷水や冷たいタオルで冷やすと、
    より血行が良くなると言うことです。

   おなかを温めるのも有効的なようです。

   身体の中心を温めることで自律神経の働きがよくなり、末端まで血行
   が良くなるそうですよ。

 ・温めるポイントは、おなか、首、足先です。

 ・血行をよくするには、運動も大切です。

予防に良い成分

 ・イチョウ葉: 血行をよくする働きがあります。

 ・ビタミンC: 毛細血管を強化する働きをします。

         の吸収を助ける。

 ・ショウガや黒酢で冷え性を改善したという方もいらっしゃいました。

冷え性を予防するには、生活習慣の一工夫が大切なようです!

私も体調不良の時は、寝るときも寒さを感じてセーターなどを着込んで寝たこともありました。

栄養バランスを良くすることで、身体は自然に冷えを感じることがなくなりました。わーい(嬉しい顔)

手(チョキ) 役立つサプリメントです。 


☆ ORDER SUPULI (オーダーサプ)

  DR.服部がお手伝い致します。ぴかぴか(新しい)

  ↓ 体ポカポカパック
 






↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)






posted by ミヨチャン at 11:27| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |   冷え性予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

痔を予防する

人に相談したくない病気の中で最も多いのが「痔」の悩みなのだそうです。

私も産後に”痔の病気”になったことがあります。

やはり恥ずかしくて、病院に行くのがイヤッ! もうやだ〜(悲しい顔)だったのを覚えています。

痔には、なりたくない!ものです。

予防する為に痔に関する豆知識を調べてみました。

お役に立てて下さいね。 

痔には

 ・痔核(いぼ痔),裂肛(切れ痔),痔ろう(あな痔)などが多く見受けられま
  す。

 ・その他にも、肛門周囲膿瘍(膿み),脱肛(ぬけ痔)があります。

痔になる原因

 ・いぼ痔: 痔の中で最も発症しやすいのがいぼ痔です。 

    座り仕事などでおしりの血行が悪くなると、血管の一部が
    うっ血して”コブ状”になり起こります。

    いぼ痔には、内痔核(直腸に出来る),外痔核(肛門に出来る)があ
    り、内痔核が人に相談したくない病の半数を占めているそう
    です。

 ・裂肛(切れ痔): 排便の時の出血!(ウワー!何だこれは) 
            そうとうなショック がく〜(落胆した顔)です。

      食事や生活状態の不摂生により起こるのだそうです。

      便秘が大きな原因にもなるようです。

      硬い便を無理に排出する為、肛門が切れて裂けてしまいます。

 ・痔ろう(あな痔): 直腸と肛門のあいだにある”くぼみ”にできた
     
     "炎症”が、潰瘍となり”膿みがたまり”穴をあけてしまいます。

その他にも
  
 ・水分が不足すると、便秘になりやすくなるので、特に夏は水分を多
  く摂る
ようにしましょう。

 ・唐辛子や香辛料などの刺激物はいぼ痔の原因になるようです。

 ・痔にならないようにする為には、便秘を解消することが最も大切です。

便秘は、食生活の乱れ、精神的ストレス、睡眠不足、運動不足、タバコの吸いすぎ 喫煙、過度の飲酒 ビールなどが原因となって起こると言われています。

痔の予防には

 ・栄養バランスを良くして免疫力を高めましょう。

   (カテゴリーsoon栄養バランス

 ・特にビタミンCビタミンEが効果的とされています。

 ・食物繊維(ファイバー)や乳酸菌を多く摂り、便秘を解消しましょ
  う。

 ・イチョウ葉などの血行を良くする成分を摂ることも良いとされています。。

 ・生活習慣の改善も大切です。

★ ”便秘や肛門からの出血”は怖い!病気が潜んでいるときもあります
   ので、病院 病院に行くことも、お勧めいたします。 

早めの予防対策で健康を維持しましょう。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ NEWニュースキンの→「バイオギンコ(イチョウ葉)」は

ベースサプリ「ライフパック」又は「G3」と一緒に摂ると、より良い効果が得られます。



☆ HEALTH−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート) 
  
   ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 11:37| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |   痔の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

病気を予防するには!

病気を予防するには、「自然治癒力」を高めることが大切です。

人間には、自然治癒力というすばらしい力が備わっています。

自然治癒力は、病気を回復に導いてくれます。

しかし、食生活の乱れなどで栄養のバランスが悪くなると、自然治癒力も衰えてしまいます。

   (カテゴリーsoon 栄養バランス

その結果、食源病という生活習慣病になってしまうのです。

日本では、自分の健康管理に対する考え方の遅れ!が指摘されています。

病気になったら病院 病院へという考え方が定着している為です。

がんによる死亡率の高さは、世界でもワースト水準に挙げられています。

そんな中でも、最近は、予防医学に対する意識が高まりつつあります。

サプリメントの普及もその現れのひとつ!、といえるのではないでしょうか。

健康の為にしていることは?ってお聞きするとサプリメントを活用しています!とのお答えが返ってきます。

TV,CM TVなど、マスメディア 地下鉄の影響力も大きいのだと思います。

サプリメントを摂る時は、まず最初にビタミンミネラルが含まれているものを摂るのが良いとされています。

それもマルチ(多数,複数,複合などの意味があります。)が良いです。

ビタミンミネラルは現代人が最も不足しがち栄養素です。

反対に糖質(炭水化物)や脂質は摂りすぎ傾向になっています。

身体の基本となる栄養素で身体を整えることが大切です。

植物栄養素や酵母などの抗酸化作用のある物質や腸内細菌を増やす善玉菌なども必要とされています。

その上で個々の体調にあわせ、不足しているものを補っていくのが良いようです。

EPA,DHAコラーゲン、など色々ありますが、一緒に含まれて摂取しやすくなっている物もあります。
    
病気になってからよりも、予防の為に!サプリメントを活用して頂きたいと思います。

☆ サプリメントとの出会いがあなたを健康へと導いてくれます。 

 (右斜め下 ”病気にならない為に!”もご覧下さいね。)


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 10:31| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ■ 予防医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

受験シーズン到来!

受験シーズン」になりました。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と子供達は、受験戦争!の中で頑張っています。

”ストレスやプレッシャー”で身体も心もクタクタです。

イザ!本番 パンチと言う時に日頃の実力が、120%発揮出来るようにサポートしてあげましょう。

寒さやストレスから、体調を崩しがちになります。

”受験間近”に風邪を引いたり、お腹を壊したり もうやだ〜(悲しい顔)では、今まで頑張ってきた努力の成果を出すことが出来ません。

栄養面でのサポートを充実させてあげたいですね!

ビタミンやミネラル、EPA,DHAなどは、欠かせない栄養素です。

野菜や魚が嫌いなお子様は、特に摂取が必要になります。

ビタミン類>

 ・ビタミンA(ベータカロテン): 目の健康 目を守ってくれます。

    成長促進に役立つとされています。

    不足すると視力低下やドライアイを起こしたりします。

    鶏,豚レバー、うなぎ、モロヘイヤ、人参、ほうれん草などに多く含まれています。

 ・ビタミンC: 免疫力を高めてくれます。
    
    肌や粘膜,血管などを丈夫にしてくれます。

    不足すると疲労感が増し、風邪を引きやすくなります。

    野菜,果物、アセロラ、レモン、イチゴ、赤,黄ピーマン、菜の花、ブロッコリーなどに多く含まれています。

ミネラル

 ・カルシウム: 骨や歯を丈夫にしてくれます。
      
     精神の安定に役立つとされています。

     不足すると骨の発育不良になったり、情緒不安になりイライラしたりします。

     チーズ、ヨーグルト、干しエビ、煮干、高野豆腐、モロヘイヤ、小松菜などに多く含まれています。

EPA,DHA

     ・血液の流れを良くし、脳や目の働きを高めるとされています。  

     ・魚嫌いのお子様には、欠かせない栄養成分です。

”愛情タップリ”の手料理とサプリメントで、”受験戦争”に負けない身体を作りましょう。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「G3」や→「オプティマムオメガ(EPA、DHA)」もお役立て下さい。
 

♪ 健やかな発育を応援するキッズ用ライフパック
    
   ↓<製品名 ジャンガマルズ チューワブル>
  




  
    (右斜め下 ”心と身体のケア”もご覧下さいね)


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 10:09| 岩手 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) |   子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

納豆で乳がんを予防する。

TV”たけしの本当は怖い家庭の医学”で「乳がん予防」についての放送がありました。

それによりますと、味噌汁を一日3杯飲む方は、1杯だけの方よりも40%も「乳がん」に罹る率が低くなる、のだそうです。

それは、味噌汁に含まれている、”味噌(大豆)”に関係があるのです。

大豆や大豆製品(豆腐、油揚げ)には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きがあるので、大豆食品を摂ることは、「乳がん予防」に役立つのだそうです。

エストロゲンは年齢と共に分泌が減ってきます。

「乳がん」に罹りにくい方は、大豆イソフラボンを1日40mgを摂取していますが、一般の方の摂取量は18mgと低くなっているようです。

大豆製品の中でも、特に納豆 満月の効力が素晴らしく、一日1パックで約37mgのイソフラボンが摂取で出来るということです。

イソフラボンは罹る前に摂るのが良い!ということです。

更年期障害に効果があるとされている”イソフラボン”ですが、「乳ガン予防」にも良いのですね。

   (カテゴリーsoon 更年期障害の予防

食事に”納豆”を摂り入れ、サプリメントをプラスして栄養バランスを整えましょう。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ NEWニュースキンの→「エストロケア(イソフラボン)」は健康維持に役立ちます。

ベースサプリ「ライフパック」又は、「G3」を一緒に摂ると、より良い効果が得られます。



☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  ↓ 各専門家が美容と健康をお手伝い致しております。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)






posted by ミヨチャン at 09:30| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | ナ 乳がん予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

手荒れの予防

冬は、空気が乾燥している為、手あれや肌あれになりやすい時季です。

特に”手荒れ”は、手湿疹になり、痛さで眠れなくなったりするそうです。もうやだ〜(悲しい顔)

乾燥に加え、偏りがちな食生活が続くと、どうしても肌が荒れがちになります。

予防に一番良いのが、βカロテン、ビタミンCとされています。

これらを多く含む野菜や果物を食べ、サプリメントで不足分を補ってあげましょう。

 ・ビタミンA(βカロテン)は、ウナギやモロヘイヤ、人参、ほうれん草などに多く含まれて
  います。

 ・ビタミンCは、アセロラ、レモン、赤、黄ピーマン、菜の花などに多く含まれ
  ています。

又、”手荒れ”がひどい時は、水に触れないようにして、ハンドクリームや手袋で保護することも大切なようです。

クリームは、入浴後20分以内 いい気分(温泉)に塗るのが効果的と言うことですよ!

手 手(パー)は毎日使うものですから、早く治して快適な毎日を過ごして頂きたいと思います。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ ニュースキン→「G3(βカロテン、ビタミンC)」を健康維持の為にご活用下さい。



☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  
    ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 10:26| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タ 手あれの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

肩こりを予防する

肩こり」で困っている方は、男性にも女性にも結構見受けられます。

中には、肩が岩盤のように硬くなっている方もいらっしゃいます。

そいう方は余り体調が良く無いようです。

肩こり」の原因には、

 ・パソコンやデスクワークなどの作業、編み物などで同じ姿勢を長時間続
  けた場合、

 ・睡眠不足や過労、精神的ストレスを受けた場合、

 ・首の骨(頚椎ヘルニア)や骨に異常がある場合、

 ・内臓などに病気がある場合、

   などがあると言われています。

肩こり」のときには、

 ・イチョウ葉         : 血行を良くする働きがあるとされています。

 ・ビタミンCビタミンE    : 血行を促進させる。

 ・カルシウム、マグネシウム: 骨や歯を丈夫にする、筋肉を活性化させる
                    などの働きがあるとされています。  

       (カテゴリーsoon カルシウム、マグネシウム

私も体調が悪かった時には”肩こりがひどく もうやだ〜(悲しい顔)”、たびたびマッサージに通っていました。

マッサージをした後2〜3日は良いのですが、すぐ又コリコリになり、頭痛を伴って大変でした。

栄養バランスを整えることにより、ひどい肩こりは無くなりました。

たまに、”肩こり”になった時には、”首のグルグル運動”などをして解消しています。

入浴 いい気分(温泉)で身体を温めたり、運動や散歩で気分をリラックスさせることも大事なようですよ!

早めの対処で肩こりを予防しましょう。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ NEWニュースキンの「バイオギンコ(イチョウ葉)」、「エナジープースト(高麗人参)」は、

ベースサプリ「ライフパック」又は「G3」と一緒に摂ると、より良い効果が得られます。



☆ HEALTHYーONE(ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  
   ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





    (右斜め下 ”肩こり”もご覧下さいね。)
posted by ミヨチャン at 10:26| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) |   肩こり予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

高血圧の予防

寒さが続くと体調を崩しがちになります。

血圧が高めの方は要注意!です。

血圧は寒くなると上昇すると言われています。

夜、トイレに起きた時など温度差により、急に血圧が上がったりするそうです。

セーターなどを羽織って暖かくしましょう。

又、起床前後も急上昇するので、注意が必要です。

激しい運動やストレスにも要注意!です。

日本人の成人、約3人に一人が高血圧と言われています。 

高血圧は生活習慣病の一つとされています。

食生活や過度の飲酒 ビール、たばこ 喫煙、運動不足、肥満、ストレス、過労などさまざまな要因があります。

食事は塩分控えめ(ナトリウム量を減らす)を心がけることが大切です。

高血圧」はそのままにして置くと動脈硬化などの合併症を招くと言われています。

動脈硬化は恐い!心疾患や脳疾患に繋がったりするそうです。

早めの予防対策が大切です。 

良い成分

 ・EPA DHA: 血液の流れを良くする働きがあるとされています。

            コレステロール値を減らす働きがあるとされています。

            動脈硬化や高血圧の予防に役立つ働きをするとされて
            います。

 ・コエンザイムQ10: 免疫力の強化や心臓機能を強化する働きがあると
               されています。  

私も体調不良の時は、血圧が上がりやすかったのですが、栄養バランスを整えることにより改善されました。 わーい(嬉しい顔)

生活習慣にサプリメントを摂りいれ、健康維持にお役立て下さい。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ NEWニュースキンの→「マリンオメガ(EPA,DHA)」、

       →「ナノコキューテン(コエンザイムQ10)」は


ベースサプリ「ライフパック」又は「G3」と一緒に摂ると、より良い効果が得られます。



☆ HEALTHY−ONE(ヘルシーワン)ハートたち(複数ハート)
  
   ↓各専門家が美容と健康のお手伝いを致しております。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)



posted by ミヨチャン at 10:43| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) |   高血圧予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

風邪予防

そろそろ大寒の時季です。

大寒は、24四気のひとつ、陽暦で1月20頃(今年は、1月21日)、

1年のうちで最も寒い頃にあたる、とされています。

これからが、一番寒い時季です。

風邪」を引いたり、体調を崩しがちになります。

身体が冷えると血行が悪くなり、免疫力が低下します。

免疫力が低下するとウイルスなどの攻撃を受けやすくなり、風邪を引いてしまいます。

風邪は万病の元と言われる様に、風邪が引き金となって持病を発症させたりします。

私も以前は、とても風邪を引きやすく、持病の気管支喘息を伴って、なかなか治らない日が続いたりしました。 

サプリメントの活用で”免疫力”を付けることが出来、今は”喘息”も改善しました。 わーい(嬉しい顔)

予防に良い成分

 ・ビタミン: ビタミン類、特にビタミンCは、大切です。

        抗酸化作用により、免疫力を高める、ストレスの緩和、疲れ
        にくくする、などの働きがあるとされています。

 ・エキナセア: 抗ウイルス性があり、免疫力向上に役立つとされています。         
         
          風邪やインフルエンザの予防に役立つとされています。                                
         
          兆候が表れ始めた時に摂るのが良いとされています。

 ・カテキン: 抗ガン作用や抗微生物作用により、ウイルスを消滅させる働
         きがあるとされています。

          (カテゴリーsoon カテキン

         この為、お茶でうがいをすると良いと言われています。

風邪は早めの対処が大切です。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「シーズナルケア(エキナセア)」は、

ベースサプリ「ライフパック」又は「G3]と一緒に摂るとより良い効果が得られます。



☆ HEALTHY ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート) 
  
   ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




 
    (右斜め下 ”咳、のどの痛み”もご覧下さいね。)
posted by ミヨチャン at 10:23| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カ 風邪予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ニンニク パワー

プロレスラーの藤波辰爾さんは、37歳のとき”ヘルニア”で再起不能になるくらい大変な思いをしたのだそうです。

しかし奥様の献身的な支えにより立ち直ることが出来、今もご活躍なさっております。

健康を支えているのは、奥様の手料理だそうです。

中でもニンニク料理は、健康維持に欠かせないと言うことです。

ニンニク(ガーリック)」は昔から、スタミナのつく食品として料理に使われています。

古代エジプトでは、労働者に食べさせ活力を付けさせた、とされています。

ニンニクのパワー

 ・ニンニクの有効成分であるアリインは、料理(切る、こする)することでアリシンに変わります。

 ・アリシンは、糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収を促進させる働きがあります。

 ・たんぱく質ビタミンミネラルなどを豊富に含有しています。

 ・抗酸化作用、殺菌作用がある。(カテゴリーsoon 抗酸化作用

 ・強壮作用、食欲増進作用がある。

 ・新陳代謝を高める、などの働きがあるとされています。

ニンニクには、凄いパワー!が秘められているのです。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート) 

   各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。

  
   ↓ <ガーリック(ニンニク)





    ↓ <ガーリックタブ(無臭ニンニク粒)







↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 09:50| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |   ニンニク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

心と身体のケア!

13年前の今日、阪神大震災が起こりました。

あらから、もう13年も経ったのです。

しかし、今も後遺症に苦しんでいる方達がおられます。

当時、0〜2歳だった赤ちゃんが今は中学生になりました。

その子供達が体調不良や不登校で悩んでいるというのです。

親が受けた精神的ストレスを子供も受け、それが大脳にダメージを与えている むかっ(怒り)のだそうです。

私も子供の頃、津波を経験しました。

長い間、夜が来るのが恐くて、眠れない日が続いたのを覚えいます。

今、その子供達の心のケアが必要ということで、教育現場の方々が努力されておられる様です。

心のケアと同時に身体のケアも大事です。

☆ 心も身体も栄養を必要としています。

精神的代謝にも、身体の代謝にも、たんぱく質、糖質、ビタミンミネラルが必要です。

に栄養を与えると、身体にやる気を起こさせます。

食事にサプリメントをプラスして、不足している栄養を補ってあげましょう。

未来ある子供達が早く元気になれるといいですねわーい(嬉しい顔)

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「マリンオメガ(EPA、DHA)」もお役立て下さい。

♪ 健やかな発育を応援するキッズ用ライフパック
   
     ↓<製品名 ジャンガマルズ チューワブル
 




    (右斜め下 ”子供の栄養”もご覧下さいね。)


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 09:32| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |   子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

クランベリー

クランベリー」は、

ポリフェノールの含有量が多く、抗酸化力に優れています。

ツルコケモモ属の果実で、甘酸っぱい味ときれいな色合いに人気があり、ジュースやジャムなどが多く出ています。

<クランベリーは>

 ・利尿作用。

 ・膀胱炎や尿路感染症の予防に役立つ。

 ・歯周病、歯周炎の予防に役立つ。

    などの働きがあるとされています。

女性は、疲労から膀胱炎を起こやすくなったりします。

サプリメントを活用して病気の予防に役立て、元気に過ごしましょう。 

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ NEWニュースキンの「クランベリ」ーは、

ベースサプリ「ライフパック」又は、「G3」と一緒に摂るとより良い効果が得られます。
  
   ↓ <製品名 クランベリー
   







☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート) 
    
    各専門家が美容と健康のお手伝いを致しております。

    
    ↓ <クランベリー(ツルコケモモ)








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)





posted by ミヨチャン at 20:20| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |   クランベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康の秘訣!

年配の方で、とても精力的に活躍されている方がおります。

健康の秘訣をお聞きすると、サプリメントを活用している!と言う方が多くなりました。

やはり身体に栄養を与えることは、健康でいられる秘訣なのだと思います。

身体が元気だと動きも活発になり、社会的にも活動範囲が広がります。

ボランティアや福祉活動に積極的に参加され、相乗効果でより一層健康でいられるという訳です。

私には、数十年来の友達がおりますが、知り合った頃の彼女は、大腸ガンの手術を受けた直後でした。

主治医からの勧めでサプリメントをずっと摂っておりました。

当時は風邪を引いたり、体調を崩しがちでしたが、その後はどんどん元気になられて、今はとても元気に活躍されていらっしゃいます。

サプリメントのお陰で元気になれた!と言っております。

きっと身体に免疫力が付いたのだと思います。(良かったですね!わーい(嬉しい顔)

今は、たくさんのサプリメントがあり、どれを選んだらよいか?迷ってしまうと思いますが、

身体作りの基本となるサプリメントを摂ることが大切とされています。

中でも最近不足しがちとされている栄養素が大切です。

 たんぱく質(アミノ酸)、ビタミンミネラル食物栄養素(ポリフェノール)、などです。

・それにご自分の体調や体質に合わせたサプリメントをプラスすると、より一層効果が得られます。
 
 コエンザイムQ10ゲルコサミン乳酸菌イチョウ葉などのハーブ、ets 色々あります。

  (カテゴリsoonサプリメントの選び方もご覧下さい。)

☆ ご自分にあった”サプリメント”を摂りいれ、健康を維持する為にお役立てください。


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 09:54| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 元気の源 ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

花粉症の予防

花粉症最前線!

花粉が飛ぶ時期になりました。

今年は、例年の1.5倍〜3倍の花粉の飛散量という予想です。

昨年の猛暑の影響で、スギの芽がたくさん育ってしまったのです。

又、温暖化の影響で、色々な植物の開花がとても早まっているのだそうです。

スギ以外の花粉症も、早めにやって来る可能性があります。

マスクをしている方に”かぜ?”って聞くと花粉症! ふらふら

目、鼻がグシュグシュしてとても辛そう!です。

昨年は、マスクの生産高が過去最高になり、12億枚もの生産量があったそうです。

マスク対策や、花粉を持ち込まないこと、などはとても大切ですね。

栄養バランスを良くして免疫力を付けましょう。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。


☆ ORDER SUPLI (オーダーサプリ) ぴかぴか(新しい)

  ↓ DR.服部がお手伝い致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 10:08| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) |   花粉症の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

糖尿病の予防

糖尿病」は、血糖値が高くなる病気とされています。

血糖値が高くなると言うのは、血液の中のブドウ糖の量が多くなり、溢れてしまう状態のことだそうです。

今や日本では、成人の約6・4人に一人が糖尿病患者か予備軍になっている!と言われています。

さらに糖尿病が恐いのは、合併症を伴うことなのです。がく〜(落胆した顔)

三大合併症は、「網膜症」「腎症」「末梢神経障害」と言われています。

★ 糖尿病は、遺伝プラス生活習慣が大きな原因となるようです。

予防するには!

 ・食事: 1日3食を守る,量を守る,栄養バランスを守る,ことが大切と言う
       ことです。

   (カテゴリーsoon 栄養バランス

 ・生活習慣の見直しも大切です。

食べすぎ、運動不足、肥満、ストレス、過度の飲酒 ビールタバコ 喫煙などは
インスリンの働きを悪くするとされています。

   (カテゴリーsoon 肥満ストレス

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「プライムケア(αリポ酸)」、

          「グルコイーズ(水溶性食物繊維)」は、
  

ベースサプリ「ライフパック」又は「G3」をプラスするとより良い効果が得られます。

    ↓ <製品名 グルコイーズ






      
☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。







↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 20:44| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |   糖尿病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養バランス

身体の健康を維持する為には、さまざまな栄養成分が必要です。

基本となるのは、五大栄養素の、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

しかし、日本人の栄養摂取量の統計でも、ビタミンミネラルなどの摂取量が年々減ってきているのが現状です。

マルチビタミン、ミネラル、たんぱく質(必須アミノ酸)などは、欠かせない栄養素です。

糖質(炭水化物)や脂質のように摂りすぎ傾向のものもあります。

又、植物栄養素(ポリフェノール)、酵素、EPA,DHA乳酸菌などのように、健康をサポートしてくれる成分や、

コラーゲン、αリポ酸、コエンザイムQ10、などのように年齢と共に減少する成分もあります。

 (カテガリーsoonコラーゲンコエンザイムQ10

これらのさまざまな栄養成分が身体にとって必要となります。

しかし、今日のように・・・

 ・ 野菜の栄養価が不足してきたり、

 ・ 加工食品やインスタント食品が多くなり、食生活が乱れがちになると、

★ 食事だけで、栄養バランスを良くすることは難しくなっています。

学校の給食にもサプリメントを取り入れようという動きもあるそうです。

私が子供の頃、カンユを渡されたことを覚えています。

今は、飽食の時代の栄養不足現象とも言えるではないでしょうか!

栄養バランスを良くすることは、健康維持には大切です。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

 

☆ NEWニュースキンの「ライフパック」には、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、酵母、植物栄養素などがバランス良く含まれています。


☆ HEALTHY−ONE(ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  
   ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致します。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 09:30| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |   栄養バランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

ストレスの予防

最近、「うつ病」になる方が多いという記事が地方紙に載っていました。

しかも、”働き盛りの男性”に多く見られる傾向にある、と言うことなのです。

男性の方々がストレスにより”精神的ダメージ むかっ(怒り)”を受けていることが解かります。

ストレスが度重なると、うつ病を招く原因になるようです。

女性も決して少ないという訳では無く、大きな”社会問題”となっているようです。

現代はストレス社会と言われるように、さまざまなストレスが私達を襲って来ます。

 ・温度の変化、騒音や大気汚染、有害物質や薬、
  
 ・睡眠不足、過労、栄養不足、ウイルス、細菌汚染、病気、

 ・トラブル、悩み、欲求不満、不安、心配、怒り、恐怖、失望、

ストレスの原因は、こんなにいっぱいあります。ふらふら

栄養バランスを良くして精神面を強化することも大切とされています。

精神代謝には、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルなどが必要とされています。

   (カテゴリーsoon たんぱく質ビタミンミネラル

睡眠 眠い(睡眠)や運動も必要ですし、”夢 リゾートや生きがいカラオケ”を持つことも大事です。

栄養は、体力だけでなく精神面の強化にも、役立つとされています!

栄養バランスを整えて、心と身体を守りましょう!

予防に良い成分

 ・セントジョンズワート
   
   オトギリソウ科のハーブ。

   抗うつ作用、抗ストレス作用がある。        

   精神を安定させる。

   イライラに役立つ、などの働きがあるとされています。

 ・カルシウム 

   イライラを鎮め、ストレスを和らげる働きがあるとされています。

 ・ビタミンC 

   ストレスに対抗する抵抗力を付けるとされいます。

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「セントジョンズワート」は、

ベースサプリ「ライフパック」又は、「G3」と一緒に摂ると、より良い効果が得られます。



☆ HEALTHY−ONE (ヘルシーワン) ハートたち(複数ハート)
  
   ↓ 各専門家が美容と健康のお手伝いを致しております。








↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)



posted by ミヨチャン at 19:27| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) |   ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。