ミヨチャンのサプリメント健康計画

2008年01月02日

抗酸化作用の効力

抗酸化作用」とは、細胞が酸化するのを防ぐはたらきのことです。

人間は呼吸することにより酸素を取り入れ、体内の栄養分を分解しエネルギーに変えます。

酸素はこのように、身体にとってなくてはならない物でありながら、細胞を酸化させるという悪い作用も起こします。

酸素の中でも特に酸化力の強い酸素を活性酸素 むかっ(怒り)”といいます。

「抗酸化作用」は、この活性酸素を除去する働きをしてくれます。

抗酸化作用をする物質を抗酸化物質と言います。

抗酸化作用のある物質には

 ・ビタミンA(ベーターカロテン)、C、E、葉酸

 ・植物栄養素(ポリフェノール

 ・酵母、   などがあるとされています。

この他には、フラボノイド(ビタミンP)、コエンザイムQ10(ユビキノン)、サポニンなども有効とされています。

活性酸素が増えつつある現代では、抗酸化物質を摂り入れることは欠かせないこととなりました。

”植物(野菜や果物)にはたくさんの抗酸化物質が含まれています。

しかし今は、野菜自体の栄養価値が少なくなっています。バッド(下向き矢印)

必要な栄養素を充分満たすには、相当な量を食べなければいけません。

栄養の不足分を補ってくれるのが、”サプリメント”です。

☆ ”サプリメント”は活性酸素の害から身体を守り、病気に罹りにくくしてくれます。 


↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 13:26| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |   抗酸化作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。