ミヨチャンのサプリメント健康計画

2008年02月21日

胃を守る!

TV”はなまるマーケット”で「胃がん」についての放送がありました。

それによりますと、

「胃がん」の最大の原因とされているピロリ菌 ドコモポイントは、1980年代に発見されたました。

それまで、は酸性である為は棲めないとされていましたが、

”ピロリ菌”は胃の粘膜に潜んでいるということが解かったのです。

ピロリ菌は慢性胃炎の原因となり、それが進むと十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃がんなどの怖い病気に繋がるようです。

ピロリ菌を除菌すれば胃ガンになる確立は極めて低いとされています。

ピロリ菌の検査方法には、内視鏡検査の他に血液検査や尿素呼気検査と言う方法でも調べられるということです。

しかしここで注意が必要なのは、ピロリ菌がいなくても、萎縮性胃炎というのがあるのだそうです。

”萎縮性胃炎”は、胃の粘膜がすり減ってしまい、ピロリ菌さえも棲めなくなっている状態です。

萎縮性胃炎は、ペプシノゲン検査という方法で検査することができるようです。

又、内視鏡検査を行えば、どちらの結果も解かるそうです。

ピロリ菌にも、萎縮性胃炎にも罹っていなければ胃がんになる確率はより少なくなるということでした。

胃がんはガンの中でも発症率が高いとされています、心配な方は検査 病院 を受けた方が良いようです。

☆ 栄養をバランス良く摂取することは、健康維持には特に大切とされています。

  栄養バランスを整えて、身体を守りましょう。



↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




タグ:胃がん
posted by ミヨチャン at 10:41| 岩手 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) |   胃ガン予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

胃ガンの予防

ピロリ菌と胃ガンの因果関係が伝えられていました。

それによりますと、世界で初めてピロリ菌により胃ガンが発症することが証明された、ということでした。

”北海道大学の畠山教授”の下で行われた、マウスの動物実験の研究結果に寄るものでした。

ピロリ菌については、以前から伝えられていましたが、世界で初めて、しかも日本の研究チームが立証するなんて、凄い!ことですね!

胃ガンが発症するのは、ストレスなどが原因で、

胃液の出るバランスが崩れ塩酸が過剰に出てしまい、胃粘膜にダメージを与えるというものらしいです。

そこをを”ピロリ菌ドコモ提供”が、攻撃してくるんです!(怖いですねがく〜(落胆した顔)

ピロリ菌を退治すると、胃ガンの心配殆どなくなるということです。

(注)胃がんの原因には、ピロリ菌の他に”萎縮性胃炎(胃粘膜がすり減ってピロリ菌が棲めない状態)”もあるようです。

心配な方は検査 病院 してみて下さいね。

予防に良い成分

 ・抗酸化作用のあるビタミンC,Eを摂取することが大切です。 

         (カテゴリーsoon ビタミンC

 ・ビタミンA(βカロテン)が胃粘膜を保護する働きをするとされています。

 ・緑茶に含まれるカテキンは、

  抗菌、抗ガン作用によりピロリ菌を退治する働きがあるとされてい
  ます。

   (カテゴリーsoon カテキン胃炎の予防もご覧下さいね。)

手(チョキ) 役立つサプリメントです。

☆ NEWニュースキンの→「ティグリーン(カテキン)」は、

ベースサプリ「ライフパック」又は、「G3」を一緒に摂ると、より良い効果が得られます。




↓応援ポチッ宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)




posted by ミヨチャン at 10:44| 岩手 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) |   胃ガン予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。